印鑑は人生の節目で必要となる

印鑑イメージ

印鑑の通信販売の広告を見かけたことがある人も多いことでしょう。
新聞の折込チラシや、新聞自体に印鑑の広告がでていることもあります。

非常に目につきやすいですから、これらをきっかけに通販を利用して、印鑑を購入する人も多いのです。

印鑑は同じ人が何度も購入するようなことはあまりありませんが、人生のうち、何度か転機を経験して、購入を考えるものです。

たとえば、自分の成人や、子供の成長に合わせて、仕事を始めたときなどですね。
何かしら大人としての行動を起こそうと考えたときには、重要な印鑑が必要となる場面が多いのです。

通販で購入することが出来る印鑑は、しっかりとしたつくりで価格もちょっと高めであり、手のこんだものが多いのです。
これは、人生の転機に合わせて、縁起を担ぐ意味もこめられています。

高くて立派なものをもつことで、自分の大人としての気も引き締まり、その後の人生をしっかりと生きようと考えるようになるものです。

【印鑑通販のおすすめサイト】

印鑑卸売市場は、卸売価格で印鑑を作成して、即日出荷するはんこの通販サイトです。

印鑑は、直接印鑑やさんに行って購入することも出来ますが、手間を考えれば、通販のほうがいいと考えてしまうものです。

しかも、家にいながら手軽に質のよいものが買えると考えれば、とても便利な方法であるといえますからね。

最近ではインターネットショッピングによる、印鑑の販売方法も増えてきています。
インターネットの場合は、いろいろな印材から好きなものを選んだり、書体やデザインを細かく指定することも可能です。

自分にあった方法で、印鑑を手に入れてみるといいでしょう。

【印鑑激安通販のおすすめサイト】

印鑑の激安専門店@印鑑【お急ぎですか?】最高級のはんこが超特価!

インターネットで印鑑を購入する際の利便性

印鑑イメージ2

印鑑には様々な素材が使われています。

一般的には木材、つのや象牙、金属や樹脂などが印鑑の素材になることが多く、自分を証明する意味で持つ印鑑ですから、その素材にこだわる人も多いのではないでしょうか。

一生にわたって長く使い続けるはんことなるので捺印性や耐久性など用途によって素材の特性を活かすことができるような選び方が必要になります。

インターネット通販で印鑑を購入する場合には実際にこのような素材を比較して検討することができるので、おすすめです。

素材の特性を知ろう

印鑑の素材と聞いてよくイメージされるのは木材や象牙ではないでしょうか。

木材は耐久性や伸縮性に優れているので、ひび割れが少なく人気の材質となっています。

木の種類によっては高級感のあるものや手触りのよいはんこなどがあり、好みによって選ぶことができます。
木のぬくもりを感じることができる印鑑と言えるでしょう。

また、耐久性の面で特に優れていると言えるのが象牙や角などを素材とした印鑑でしょう。

一般的には水牛や黒水牛の角などが使用されているのですが、中には貴重なマンモスの象牙を使用した判子もあるので驚きです。

この他には比較的若い世代の人にも好まれやすいと言えるのがチタンやメタル金属を素材にした印鑑や琥珀などの樹脂を素材にした印鑑です。

印鑑の種類と素材

印鑑にはそれぞれの用途があります。
その中でも最も重要な印鑑となるのが実印でしょう。

実印は法律上、社会権利、義務の発生を伴う印鑑であり、基本的には銀行印や認印などの他の印鑑との併用は避けるべきものです。

自分を証明することができる印鑑となるので、実印を選ぶ場合にはやはり長く使うことができるような耐久性のある素材を選ぶべきでしょう。

実印に向いている印鑑の素材としては金属素材ではチタン、木素材では玄武がおすすめです。

二つ目は金融機関などで使用する銀行印です。

盗難などのセキュリティ面を万全とするためには各金融機関でそれぞれ銀行印を作っている方がよいと言われているのですが、まずは欠けてしまって登録が無効とならない様に実印と同じく耐久性のあるものを選ぶとよいでしょう。

銀行印もチタンや玄武などの素材がおすすめです。

そして印鑑の中でも最も用途の幅が広いのが認印です。
簡単な受け取りのサインや確認などに使用することが多く、人目に触れる機械も多いのではないでしょうか。

認印であれば素材やデザインなどある程度は好みで選ぶことができるので最近ではデザイン性の高いものも増えてきています。

ページの先頭へ